安藤忠雄氏の手がけたプンタ・デラ・ドガーナを見てきました

しばらくお盆休みでブログを休んでいました

やっと少し涼しさを感じられるようになってきましたね

今年は本当に暑かったので、秋が待ち遠しいです

さて、ベネチア旅行記の続きを書きたいと思います

ベネチアの美術館の改装を安藤忠雄氏が手がけたということで

コンクリートの打ちっぱなしと中世時代の建物がどんな風に融合するのか見たくて

行ってきました

d0180399_8384698.jpg


素晴らしいという噂は聞いていましたが

これほどまでに感動するとは思いもしませんでした

安藤氏の特徴はコンクリートの打ちっぱなしという代名詞のようにもなっていますが

実際に見てみると

そんな荒削りの雰囲気ではなく

実に繊細で優美なのです

グレーの色に塗られたコンクリートが実に柔らかに表現されています

そしてそのグレーの色がベネチアの特徴でもある

木で組まれた天井や壁のレンガを邪魔することなく

見事にハーモニーを醸し出しているのです

(美術館の中は全て写真を撮っても良いと許可を得て撮っています)

d0180399_837937.jpg


グレーのコンクリートの床にに展示物が反射していて

まるでボリビアのウユニ塩湖のようです

d0180399_840176.jpg


この絵は巨大でまるでピカソのゲルニカのようでした

d0180399_8442474.jpg


こんな静けさの窓もありました

d0180399_8472164.jpg


d0180399_8523696.jpg


一番お気に入りだった展示物

d0180399_8503034.jpg


光も演出されています

d0180399_854995.jpg


美術館の外はこんなに明るい!

この白い塗料がベネチアでとても評判がいいそうです

輝いていますね!

d0180399_856335.jpg



安藤さんの作られた空間と展示物が見事に共鳴し合って

それはもう素晴らしく

普段美術館に行くと、展示物に感動することはあっても

建物に感動するということはなく

これが恐るべし、安藤忠雄の世界なんだと

まざまざと見せつけられたような気がします

皆さんもベネチアに行かれた際

ぜひ、安藤忠雄ワールドを味わってみてください








ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-08-17 09:05 | ベネチア旅行

お料理と写真など


by ショコラ