カテゴリ:フランス旅行記( 6 )

さて、パリ旅行のお話も最後となりました

今回はユーロ安ということもあり

美味しいものをいっぱい食べることができました

普段のパリに接することもできて

少し、フランスへの今までの印象が変わった様な気がします

個人主義で有名なフランスですが

日常のパリは温かく、人情味にあふれていました

そして、とても日本人のことを大切に思ってくださっている

ということを、人々に触れる度に感じました

これもパリを訪れている多くの先人たちのおかげかなとも思いました

バカラの本店でお店に入ると素敵なグラスで

お水をサービスしてくださったり

モネの自宅の浮世絵の多さに驚いたり

数えるとキリがないくらい

素敵な素敵な時間を過ごせたような気がします



さて、パリでのクロワッサン ア ラ クリーム アマンドの秘密ですが

パリのパン屋さんでは売れ残ったクロワッサンに

クリームをはさみ、上からクッキー生地をのせて焼き

次の日売っているという情報をパリジェンヌからゲットしました

クロワッサンアマンドは中華料理でいう

飲茶だったんですね

でも、でも、売れ残りでも 立派な一品に変身しています!

毎日、アマンドが食べられたらどんなに幸福でしょう~

ということで、市販のクロワッサンを買ってきて

自分でクリームを作って塗ってみました

ただ、ものすごいバターの量なので

上のクッキーは省略しました

カロリーを考えただけで恐ろしくなります

d0180399_1003612.jpg


<<材料>>
クロワッサン             4個
バター                 60g
砂糖                  70g
アーモンドプードル         60g
黄身                  1個
スライスアーモンド          適量
粉糖                   少々

<<作り方>>
①ボールに柔らかくしたバターと砂糖を入れてよく混ぜる
d0180399_10101880.jpg
②黄身を入れてよく混ぜる
d0180399_10103872.jpg
③アーモンドプードルを入れてさらに混ぜるd0180399_10121648.jpg
④2つに切ったクロワッサンにクリームを挟んで
d0180399_10124371.jpg





スライスアーモンドに少しクリームをつけて
パンの上に乗せていく
⑤オーブンで10分ほど焼く(焦げないように気をつけながら)
⑥上から粉糖をかけたら出来上がり


d0180399_1084016.jpg



素敵なモネの庭写真

まさに絵画と同じ!

d0180399_10162450.jpg



カモのフォアグラ美味しかった!(ピンボケすみません)
d0180399_1018383.jpg


バカラの館はゴージャス!

d0180399_10195041.jpg



いろんな意味で刺激を受けた今回のパリ

またいつか行けたらいいな^^

メルシーボク  パリ



ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2012-08-08 10:29 | フランス旅行記

マンゴータルト

フランスではとっても美味しいタルト達に出会いました

生地は厚めで固め

しっかりしています

日本に帰ってから頭の中がタルトでいっぱい

バターの香りいっぱいのタルト食べた~い

最近よくメキシコ産のマンゴーが店頭に並んでいます

そこで

マンゴータルトを作ることに

フランスで買ってきたお皿に乗せてみました

d0180399_222319.jpg


マンゴーが太陽の下でサンサンと輝いています

もちろんマンゴーがトロトロで甘~く

下の生地がサクサク

幸せですヽ(*´∀`)ノ

最後の仕上げの杏ジャムは

クックパッドでご好評をいただいてます

ルクエ11分で杏ジャムを使いました

よろしかったらこちらもご覧ください





<<材料>>大タルトと小4個
1薄力粉                  150g
 粉砂糖                  50g
 卵                     1個
 バター                   60g

2卵黄                    3個
 砂糖                    60g
 薄力粉                   20g
 牛乳                    200cc
 バニラエッセンス             少々
 牛乳                    大1

マンゴー                   1個
桃                       1個

杏ジャム                   適量
水                       少々

<<作り方>>
①フードプロセッサーに1の材料を入れてなめらかになるまで回す
②ラップに包んで冷蔵庫でしばらく休ませる
③ボールに卵黄と牛乳大1と砂糖1/2を入れて混ぜ
さらに薄力粉も入れて混ぜる

d0180399_153999.jpg
④お鍋に牛乳と残りの砂糖を加えて火にかけて
沸騰直前まで温める
⑤3に4を加えて中火で艶がでるまで混ぜる
⑥バットに広げてさます
⑦2の生地を広げて薄くのばし型に入れていく
⑧縮まないようにフォークで何ケ所か刺して
重石を乗せて180度で15分ほど焼く(小さい型と大きい方は
若干時間を変えてください)
d0180399_1543995.jpgd0180399_155922.jpg





⑨型にカスタードクリームを敷いて薄切りにしたマンゴーをのせる
⑩杏ジャムに少し水を加えレンジで40秒ほど加熱してから
マンゴーの上に塗る


暑い夏にマンゴータルトは最高です!





こちらがパリで買ってきたお皿
d0180399_385295.jpg


素敵でしょう^^




お店もまるで美術館のようでした

d0180399_3144396.jpg






こちらはピーチタルト

d0180399_3201357.jpg






ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2012-08-04 03:23 | フランス旅行記
さて今日は、フランス滞在中に出会ったビールを

ご紹介したいと思います

たまたまスーパーに置いてあり

唯一冷やしてあったので

買って帰り飲んでみました

な、な 何と

ちょっぴり甘くてコクがあって

まるで地ビールのようではありませんか^^

もうたちまち Fall in love

Leffe というベルギーのビールなんです

d0180399_6123141.jpg


このビールはレフ修道院から生まれたビールで

第二次世界大戦後、財政困難から生産ラインを外部の醸造所に譲りアビィ・ビール

レフとなり、現在はインターブルー社が

ライセンス生産していた醸造所を買収して作っているそうです

日本に帰って来てから

ぜひ飲みたいので探してみたら

何とアサヒビールから売りだされていたのです

さすが日本のビール会社

美味しいものはご存知なんですね

HPが出ていますのでぜひご覧になってください

私が飲んだタイプはルビーといいます

それは日本では売っていないようですが

フルーティーな種類であれば味的にはかなり近いと思います

まだまだ知らない美味しいものが

ヨーロッパにはありますね

滞在中、夜疲れて冷凍食品を食べたのですが

これがまた美味しい!

フランス料理が電子レンジであっという間に食べられる

あ~日本で売ってほしい~

特にお気に入りは(スペイン料理だけど)

このパエリアはもうもうめちゃくちゃ美味しかったです!!

d0180399_6334461.jpg


他にもトマトの詰め物や海老のスープ

d0180399_6353257.jpg


ぜひ日本でも売ってくださ~い

と誰に叫んでいるんでしょう?ははは(≧∇≦)



ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2012-08-01 06:41 | フランス旅行記
さて、今日はフランスでいただいたワインについて

滞在していたアパートの近くに

Legrand Filles et Fils というワイン屋さんが

パッサージユという素敵な商店街の中にあるのを見つけました

パッサージュとは、天井のついた商店街なんです

d0180399_9575193.jpg


外から見るとワインがいっぱい

しかもちょっとしたカウンターが見えます

これは美味しいワインが飲めるのではと

入ってみると


d0180399_9275965.jpg

もうお昼もすぎ中途半端な時間だからハムとチーズくらいしか

ないけどよかったらどうぞと行ってくださり

ワインをいただくことに

私はシャドネが大好きななんです

しかもカリフォルニア産が

でもフランスはワインの本場

そこでシャドネ種の美味しいワインを選んでください

とお願いし

どんなタイプの味がお好みですか?と聞かれ

あまりヘビーでなくフルーティーなタイプでとお願いしましたら

それでは

最初はフルーティー そして最後にスパイシーな香りが

漂ってくるタイプはいかがでしょう?と言われ

頭の中で

想像力が全開になっちゃいました

どんな味なんだろうと思うとワクワクしてきました

さっそく出していただき一口

あ~ 芳醇な香りが鼻から抜けていきます

口の中はスパイシーでいっぱい

強すぎず、弱すぎず、でもしっかり熟成された味を感じることができます

いっしょに生ハムやチーズと食べると

もう何もいらない

それだけでいい Fall in love なんです

それがこれ

d0180399_8533034.jpg

写りが悪くてすみません

ハムやチーズはこんな感じ

d0180399_8543533.jpg


d0180399_8561642.jpg


白を飲んだあとやっぱり赤も飲んでみたい

私はサンテミリヨンの味が好きだと伝えると

こちらの赤ワインを出してくださいました

d0180399_965094.jpg


やはりカビのような樽のような香りと深~い味わい

いっしょにお願いした炭酸水も塩分のきいた細かい泡

どれも抜群な美味しさでした

d0180399_913450.jpg


お値段もそんなに高くなくお手軽な感じにいただけました

ソムリエの方は素敵な方

d0180399_9145864.jpg


最後にケーキをサービスしてくださいました

味はクリスマスケーキです

私のブログにも載せているスパイスの香りタップリのケーキ

d0180399_9161813.jpg


ワインにはこんなスパイシーなケーキが合うんですね^^

う~ん、勉強になるな~(^_-)-☆

そして何とワイン屋さんのすぐ前に

キアヌ・リーブス、ダイアンキートン、ジャックニコルソン出演の

恋愛適齢期で最後のシーンに出てくるシーンを撮った

レストランがありました

アンティークな雰囲気全開の素敵なレストラン

次回はぜひ行ってみたいですね

d0180399_926346.jpg




ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2012-07-29 09:34 | フランス旅行記

フランスのパン

さて、今日もパリ滞在の続きです

ネオフレンチの次に感動したのは

やはりパンのおいしさ

日本の家にたどり着いて

いつも買っている食パンをかじった瞬間

こんなパンを食べてたのか~と

しばし呆然と立ちすくんでしまいました

帰国直後なので

舌が美味しさを覚えているんですね

今回3ヶ所のベーカリーのパンを毎日いただきました

朝、8時半にはどこでもオープンしています

皆さん、出勤前にパンを買っていかれるようで

どこも行列でした

私も、もしパリのようなベーカリーが家の側にあったら

毎日買いにいくと思います

美味しいうえに、値段もすごく安いんです

ベーカリーにお惣菜もケーキも売っています

もちろんクスクスもちゃんと売っていました

もうフランスのレシピになっているんですね

バゲットもお店によって硬さもまちまちでした

お惣菜を買うと小さいバゲットをつけてくれます

それが美味しいのなんのって

感動しながらいただきました T_T

以前パリでパンを買う時

日本でも有名なブランド店などで買ってたべていました

そうすると味的、食感など

あまり日本と変わらないんですね

でも、一般のパン屋さんはもっと素朴だけど

美味しい

バターはちゃんと使っているし

本物の味を提供してくれています

もちろんどこで飲んでもカフェオレは美味しかったです

どんなパン屋さんにもエスプレッソマシーンが置いてありました

それではパリのパン屋さんの写真をご覧ください

d0180399_912060.jpg


d0180399_924099.jpg


d0180399_925569.jpg


私が一番好きなアーモンドクロワッサン

d0180399_933834.jpg

ダロワイヨだ~
d0180399_942964.jpg

サーモンとほうれん草のキッシュ
美味しかった~!ふわふわでした
d0180399_9124266.jpg

フランボワーズタルト~
木の実がとっても甘くて大きいです!
日本で食べると甘酸っぱいことが多いですが
こちらではほんとに甘いんです
d0180399_913383.jpg

アンジェリーナだ~
d0180399_9141951.jpg


d0180399_9144623.jpg


d0180399_9153463.jpg


d0180399_9163215.jpg
d0180399_9171651.jpg

パリに来たらやっぱり本物のモンブランをいただかねばと

買ってきてアパートで食べてみましたが




う~ん、ごめんなさい

私の口には合いませんでした

マロンがよく食材店で売っているフランス製の缶詰のマロンの味で

かなりヘビー

そして一番苦手な卵の白身で作った生地が底にひいてあります

サクサクとしていて

好きな人には美味しいんでしょうけど

私がどうも白身のサクサク感が歯にあたる食感が苦手なため

どうしても美味しいと思えませんでした

やはり日本のスポンジ生地がひいてあるマロンケーキで

育ったせいか

日本のモンブランの方が美味しいと思いました

以前、吉祥寺で3種類の栗を使った

季節限定のマロンケーキをいただきましたが

そちらの方が何倍も美味しいと思いました

(武蔵野市民文化会館の横にあるケーキ屋さん)

あくまで個人的見解ですが^^

やはり日本人の繊細な舌はパリをも超えているかもしれません

でも何といっても有名なカフェ

物凄い人で

とても中でお茶する状況ではありませんでした



マロンヨーグルトにも挑戦してみました
わりと美味しかったです
d0180399_9332737.jpg


d0180399_9363019.jpg


d0180399_9363171.jpg


d0180399_937264.jpg


とにかくパリのパンとケーキにFall in love

そしてパリの本屋の店員さんから物凄い情報をゲットしました

今度私もアーモンドクロワッサンに挑戦してみようと思います

皆さんとそのシークレットを共有できたらと思います

しばらくレシピに試行錯誤すると思いますので

お待ちくださいね

まだまだパリ滞在記は続きます



ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2012-07-26 10:07 | フランス旅行記
しばらくお休みしてしまいご迷惑をおかけしました

やっとパリから戻りました

ちょっとご用がありまして行っておりました

あちらは夏とは思えないくらい寒く

ダウンジャケットを着ている人もいるくらいでした

地元の人も、最近は季節がなくなったわ

なんておっしゃっていました


クックパッドであんずジャムがベスト10入りしました

簡単で美味しいのでぜひよろしかったら皆さんも試してみてくださいね!



レシピブログの朝時間. jp でもバジルとオレガノで爽やかスクランブルエッグを

ご紹介いただいています

こちらをご覧ください


まずネオフレンチとは最近パリで流行っている

新しいフランス料理のことだそうです

とても日本的といいますか

生に近い調理法でいただくお料理のような気がします

一番素敵なショットからご紹介したいと思います

リコーのGRで撮りました

今回はリコーのGRが大活躍でした

軽くて太陽の光がなくてもダイナミックに撮れるところがすごいです@0@

d0180399_11182862.jpg


最近日本でもこの泡を使ったお料理が流行っていますが

パリでもそうみたいです

お店の名前はSaturne といいます

若干26歳のSven Chartier さんという方がオーナーで

Bouse 駅から2分くらいのところにあります

この辺は証券取引所やフランス銀行などがあり

ワイン通りでもあります(ワイン関係の卸屋さんなどが点在しています)

たまたま滞在していたアパートのすぐ側で

お客さんもとても混んでおり、ものすごい数のシェフが忙しそうに

働いているのが見えたので

これはいけるかもと思い

なんとか10:30pmに予約が取れ、いただいてきました

食べ終わったのが12時頃

ほんとはこのくらいかけて食べなくちゃいけないんですね

友人といただいたので

沢山おしゃべりをしながらじっくり食べることができました

とにかくいままで生きてきて、食べたことがないようなお料理に

ぶっ飛びました

これ以外表現方法が見つかりません

皆さんもぜひ目で堪能してくださいね

まずスープから
オリーブをすりつぶしたペーストが塊で入っていて
オリーブの強い香りがお口の中をいっぱいにしてくれます
d0180399_11313126.jpg

フランスのキュウリは水っぽくないのでこのようなムースが可能だそうです
d0180399_11315078.jpg

このマグロ料理には驚かされました
だって、マグロの刺身にラズベリー、そして魚とトマトでとったお出しを
目の前でかけてくださるんです
最初、かつおだしかと思いましたが、マグロの骨でとったお出しだそうです
d0180399_1132223.jpg

フワフワのチーズケーキが山羊のチーズで、これだけは匂いがあり
ブラックベリーの酸味も強く、苦手な味でした
d0180399_1133559.jpg

ほとんどレアに近いオマール海老は絶品でした
ただ生にちょっと火をとおしたなどではなく
かなり複雑に調理されているらしく、生臭くないうえに
フレッシュで、素晴らしい一品でした
添えてある海老のソースがとても濃厚で量が少ないのですが
お腹にけっこう効いてきます
d0180399_11342148.jpg

子牛のステーキはほんとに柔らかく、日本で食べたことがない味でした
ミルクしか飲ませてないらしく、臭みもなく、レアの状態でしたが
ナイフでさくさく切れるほどでした
茄子のソースが焼きナスを思わせるような香りで
お肉とよく合っていました
d0180399_11344177.jpg

パンも藁のような草の上に乗っていて素敵でした
最近はバターなどつけて食べないんですね
d0180399_1135616.jpg

添えてあるチョコレートのソースがとてもビターで濃厚で
大人のデザートに仕上がっています
チョコ中毒の私も大満足でした
ただ添えてあったフルーツのソースがとても酸っぱく強烈でした
フランスの方ははっきりした味を好まれるのでしょうか?
d0180399_11353249.jpg

このマドレーヌはFall in love でした
黒砂糖のような砂糖を使っているらしく
外はカリカリ、中はバターでじゅわ~
これも食べたことないようなマドレーヌでした
d0180399_11355681.jpg


こんなにいただいてたったの€60

驚きの安さです

さらに€60でワイン好きの方には1品、1品終わるごとに

お料理に合ったワインを出してもらえるメニューもありました

私はさすがに白ワイン1杯で満足でした

そういうわけでいつ見ても、ものすごく混んでいました

また、素敵な出会いもあり

以前は恵比寿のロブションさんのレストランで働いていらして

今こちらで勉強されている大土橋真也さんというシェフの方が

お料理の説明をしてくださいました

あまりに素晴らしいお料理の数々に

どんなシェフの方なんですかとウエイターの方に聞いたところ

シェフに会いたいですか?といわれ

え、?え、?

と言っている間にテーブルまで来てくださり

Sven さんと大土橋さんとお話をすることができ

写真まで撮らせていただきました

日本でレストランをオープンされましたら

ぜひ伺いたいですね!!

Sven さんも日本に来たことがあるそうです

本当に素敵なお料理のお話をありがとうございました(=^0^=)

Svenさん
d0180399_1282386.jpg


大土橋さん
d0180399_1291668.jpg


とても素晴らしいレストランなので

もしフランスに行く機会がございましたらぜひ行ってみてください^^/

こちらがHPです


お店の写真

d0180399_12215636.jpgd0180399_12221610.jpgd0180399_12223573.jpg


まだまだパリの写真を載せていきますので

楽しみにしていてくださいね(^_-)-☆














ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2012-07-24 12:33 | フランス旅行記

お料理と写真など


by ショコラ