カテゴリ:ベネチア旅行( 9 )

さて、楽しかったヴェネチア記も終わりとなりました

最後までお付き合いくださいまして

ありがとうございました!

おとぎの国のようだった町

タイムスリップしたような不思議な感覚におちいった

不思議なところ

世界は広いですね

ぜひ皆さんも訪れてみてください

沢山の感動が待っていますよ!

最後にペストが終息したのを祝っていまだに行われている

花火大会をご紹介したいと思います

日頃、日本でも目の前で花火を見たことがないのに

何と、ヴェネチアで目の前で花火を大勢の人たちとみることができて

とても感動しました

サンマルコ広場の一番海寄りの地面に3時間前から座って席を確保して

花火を堪能しました

ゆらゆら揺れるゴンドラを見ながらの花火

一生の思い出となりました

もちろん、た~まや~と言ってみたりもして楽しかったですよ(^_-)-☆


みんな明るいうちから船の上で待っています

大音量の音楽と船のエンジン音が聞こえていました

d0180399_1123710.jpg


た~まや~

d0180399_10463153.jpg



日本の花火とはまた違いますね

d0180399_10483191.jpg



フルーツもありました(暑い日にありがたいんです)

d0180399_10521572.jpg


ヴェネチアの貿易を支えたスパイスたち

d0180399_10535417.jpg




VIVA ITALY&VENEZIA !!^^/





ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-09-02 11:08 | ベネチア旅行
ヴィチェンツァにある世界遺産の中でもひと際美しい

そして

ホワイトハウスのモデルにもなった ラ ロトンダを見てきました

ヴィチェンツァの駅からまっすぐつきあたりまで歩くとバス停があります

そこから一つ目だったと思います(少しあやふやです)

バス停を降りて右側に坂道を歩いていくと

ロトンダの塀が見えてき

そしてジャ~ンと美しい建物が現れます

行った日はまたしても休館日で中に入れませんでした

でも外側からでも

その美しい建物は堪能できました^^

d0180399_914586.jpg



やはりこういう建物にバラはつきものですね
d0180399_9315020.jpg




周りは緑がいっぱい



d0180399_9184033.jpg


夜は怖くて歩けないかも
d0180399_9211562.jpg



行きに乗ったバスの運転手さんが

帰りのバスも同じ運転手さんだったので

すごく狭い区間を走っているようです



ブログランキングに参加しています


クリックしていただけますと励みになります




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-08-30 09:33 | ベネチア旅行
アメリカのホワイトハウスのモデルとなった

ヴィラ・ラ・ロトンダがある

ヴェネト州のヴィチェンツァを見てきました

その昔、ホワイトハウスの中を見学したことがあり

すごくそのモデルとなった建物に興味がありました

皆さん、野外オペラやロミオとジュリエットで有名な

バルコニーがあるということで

ヴェローナに行かれる方は多いようですが

世界遺産を見たいということで

あえてヴィチェンツアを選びました

まずベネチアのサンタ・ルチーア駅でチケットを買いました

大きなお札だとおつりがないといわれますので

細かいお金を持っていかれるのをお勧めします

d0180399_11545471.jpg


駅の構内で電光掲示板で時間とホームをチェックして

d0180399_1157174.jpgd0180399_11573430.jpg

駅はこんな感じ                       













この機械で刻印してから乗ります












ヴィチェンツァの駅に着きました
d0180399_10374682.jpg




駅を出るとロータリーに出ます
d0180399_10382355.jpg




ここからカンポ・マルツィオ公園を通り突き当りまで行くと

塔と門らしきものが右手に見えてきます

d0180399_10405075.jpg

d0180399_10364864.jpg

そしてメガネのような門をくぐり

石畳の道を歩き始めるとパッラーディオ(ルネッサンス後期の建築家)ワールド全開となります




町がまるで博物館のようです(イタリアはどこもそうですが)^^;

d0180399_10441781.jpg


暑いのでジェラートで一息~

d0180399_1046052.jpg


何気に建物の壁に美術館でお見かけするような壁画が見られます

d0180399_1049041.jpg


こちらがパッラーディオさんの銅像

d0180399_10525949.jpg


そのすぐ側に有名なバジリカと時計塔があります

d0180399_111018.jpg



反対側にも素晴らしい建物が

d0180399_116637.jpg


毎日の生活の中でこんな建物が身近にあるってどうなんでしょう?

羨ましいですね^^

井戸も素敵です

d0180399_119434.jpg

















ちょっとフランスっぽいアンニュイなアパートのドア

d0180399_11101651.jpg




こんなカフェで好きな本を何時間も読んでみたいな

d0180399_11134491.jpg



門からまっすぐ突き当たるまで進むと

有名な今でいう3Dのテアトロ・オリンピコが現れます

なんと行った日はお休みでした

中を見るのを楽しみにしていたのに残念!

外を見るだけでも素晴らしいです

d0180399_11234920.jpg



世界遺産にはこのような看板が側にあるのですぐわかります
d0180399_11302579.jpg



ちょっと裏道に入ると人々が生活していて

中世に迷い込んだみたいな気になります

どの道に入ってもとても綺麗です

コマめに清掃されているようです

d0180399_11343125.jpg



イタリアンジュエリー見本市が行われたり

アメリカ軍が駐留している町でもあるということで

とても綺麗で洗練されていた印象が見受けられました

皆さんも機会がありましたらぜひ訪れてみてください^^







ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-08-24 12:14 | ベネチア旅行
しばらくお盆休みでブログを休んでいました

やっと少し涼しさを感じられるようになってきましたね

今年は本当に暑かったので、秋が待ち遠しいです

さて、ベネチア旅行記の続きを書きたいと思います

ベネチアの美術館の改装を安藤忠雄氏が手がけたということで

コンクリートの打ちっぱなしと中世時代の建物がどんな風に融合するのか見たくて

行ってきました

d0180399_8384698.jpg


素晴らしいという噂は聞いていましたが

これほどまでに感動するとは思いもしませんでした

安藤氏の特徴はコンクリートの打ちっぱなしという代名詞のようにもなっていますが

実際に見てみると

そんな荒削りの雰囲気ではなく

実に繊細で優美なのです

グレーの色に塗られたコンクリートが実に柔らかに表現されています

そしてそのグレーの色がベネチアの特徴でもある

木で組まれた天井や壁のレンガを邪魔することなく

見事にハーモニーを醸し出しているのです

(美術館の中は全て写真を撮っても良いと許可を得て撮っています)

d0180399_837937.jpg


グレーのコンクリートの床にに展示物が反射していて

まるでボリビアのウユニ塩湖のようです

d0180399_840176.jpg


この絵は巨大でまるでピカソのゲルニカのようでした

d0180399_8442474.jpg


こんな静けさの窓もありました

d0180399_8472164.jpg


d0180399_8523696.jpg


一番お気に入りだった展示物

d0180399_8503034.jpg


光も演出されています

d0180399_854995.jpg


美術館の外はこんなに明るい!

この白い塗料がベネチアでとても評判がいいそうです

輝いていますね!

d0180399_856335.jpg



安藤さんの作られた空間と展示物が見事に共鳴し合って

それはもう素晴らしく

普段美術館に行くと、展示物に感動することはあっても

建物に感動するということはなく

これが恐るべし、安藤忠雄の世界なんだと

まざまざと見せつけられたような気がします

皆さんもベネチアに行かれた際

ぜひ、安藤忠雄ワールドを味わってみてください








ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-08-17 09:05 | ベネチア旅行
ベネチアに行く前にNHKラジオ講座のイタリア語を聞いていた時

先生がベネチアではプロセッコが美味しくてよく飲んでいました

とお話されていましたので

さっそく飲んでみたところ

軽くて飲みやすくて美味しかったです^^

お店によって色々味が違いますが

一番美味しかったのは

リアルト橋にズラッと並んでいるレストランの一つで飲んだプロセッコ

花の香りがしてアロマたっぷりの発泡酒でした

レストランではプロセッコの一言で済むので簡単でした

やはり地元のワインですからオーダーすると

お店の方も嬉しそうでした

お土産で買ってきて

おうちでパパさんと乾杯しました

d0180399_757822.jpg


生ハムとオリーブとチーズがあれば完璧ですね!



ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-08-07 08:03 | ベネチア旅行
さてベネチアでは色々な種類のビーズを見て回りましたが

素敵なマダムのビーズ屋さんを見つけました

ベネチアは道が迷路のようになっているので

素敵なお店を見つけた時はほんとに嬉しくなります

Marisa さんのVenetian dreams というお店

何点か購入して色々お話していたところ

何とアンティークのビーズをくださったのです

それがこちら

d0180399_20383568.jpg


素敵でしょう!

現在ベネチア市内で似たようなデザインは売っていましたが

比べると明らかに色の深さが違いました

やはり古い物の方が色が濃いいようです

旅はこんな素敵な出会いがあるんですね^^

ぜひ皆さんも訪ねて行ってみてください

住所は calle della mandola 3805/a. 30124 VENEZIA です

こちらがMarisa さん  フランスのELLEの雑誌や日本の雑誌でも紹介された

センス溢れる素敵な方です

d0180399_20464269.jpg


素敵なビーズと工房

d0180399_20492626.jpgd0180399_20495089.jpg




ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-08-05 21:24 | ベネチア旅行
今日レシピブログを開いて驚きました

何と ブロンズブロガー に認定されていました!

ブログを始めて、はや3年目となりましたが

とても嬉しいです(((o(*゚▽゚*)o)))

ありがとうございます!!

さて、今日は以前から欲しくて欲しくて

ずっとずっと探していたハーフムーンチョッパーをご紹介したいと思います^^

イタリア語ではMezzaluna だそうです

ハーブをお月様の形のナイフで切ると

あっという間に細かくなる優れものなんです

よく外国のお料理番組など見ていると

このチョッパーを使ってハーブを切っているのを見ていて

ほんとに欲しかったのですが

ベネチアの小さなキッチングッズ屋さんで見つけました

日本でもっと売ってもらえるといいな~

d0180399_8342550.jpg



正真正銘のmade in Italy です^0^
d0180399_8361110.jpg



実はこのローズマリーはお庭から取ってきたのですが

何と誰かさんの卵付きでした^^

ごめんね

お庭にお返ししないと(*´∀`*)

d0180399_8403248.jpg



ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-08-03 08:45 | ベネチア旅行
ベネチアの日差しはほんとに強かったです

ですから皆さん、よく日焼けされていて

とても素敵でした

最近の日本は白さを追い求める傾向ですから

全く真逆を見たといった感じです

何とか正面から撮りたかったのですが

中々撮る勇気がわかず

上手く写真が撮れませんでしたが

ほんの少しご紹介したいと思います

女性は年齢に関係なく身体に沿った洋服を

着ている方が多かったように思います

それに痩せている方が多かったです

イタリア料理ってオリーブのおかげで太らないのでしょうか?

それともやはり食事制限などなさっているのでしょうか?

あの強い日差しにはカラフルな洋服が映えますね^^


d0180399_9272962.jpg


夕方になると犬の散歩をする方が多かったです
d0180399_9344186.jpg


さりげなくエルメスのバックを持っていらして素敵ですね
d0180399_931256.jpg


何気ない白の上下ですが何となくブランドの物という雰囲気です
d0180399_938994.jpg


靴とパンツの色を合わせているところが凄い
d0180399_942470.jpg


夕方になるとおしゃれをしてお出かけの雰囲気の漂う方を多く見かけました
d0180399_9444374.jpg


これがホントの素足にドライビングシューズ
イタリアの男性はとてもカラフルなパンツを履いている方が多かったです
d0180399_950093.jpg


博物館で見るとベニスの人々は昔からこういう紐のサンダルを履いていたのが
わかりました
小麦色の素肌にヌメ革の紐がよく合っています
d0180399_1020412.jpg


写真がぶれてしまいましたが
ゴールドのワンピースとブルーのジャケットのカップル
年齢はお高いようでしたが
女性は身体にぴったりの服を見事に着こなしていらっしゃいます
d0180399_10152655.jpg


ベニスで1年に一回行われる花火大会の日は
おしゃれをしている方を多くみかけました
ボートの上から花火を見るらしく
サンマルコ広場の前の海は一面船で埋めつくされました

靴とバックを同じ赤に合わせているところが素敵!
d0180399_9551083.jpg




いかがでしたか?

今回、ベニスの素敵な女性達を拝見してとても刺激を受けました
やっぱり女性は年をとっても
輝き続けることって大事だなあとつくづく思いました
それに、もしかしてイタリアの男性は女性が美しく磨けるよう
持ち上げてくれるのがお上手なんでしょうか???



ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-08-01 10:34 | ベネチア旅行
ちょっとイタリアのベネチアにご用がありまして

行ってきました^^

d0180399_2211955.jpg


暑さは日本とさほど変わらないのですが

とにかく日差しが強い、強い!

地元の方はみんな小麦色に日焼けされています

いちよ日焼けどめの手袋は持っていったのですが

誰も手袋なんかしている人はおらず

泥棒さんに狙われても困るので

結局、日差しに身をまかせてしまい

すっかり日焼けしてしまいました^^;

さて、今日は今回泊まったホテルを紹介したいと思います

これからベネチアに旅行を考えていらっしゃる方にぜひお勧めできたらと思います

ベネチアにはシングルの部屋が少なく

探すのに大変でした

しかし、さすがトリップアドバイザー(TripAdvisor)さん

値段や設備など

色々正直に詳しく評価されているので

安心して選ぶことができます

その中で選んだのが Domusu Ciliota

サンマルコ広場から徒歩10分以内にもかかわらず

お値段がリーズナブル

7月の後半ということもあり滞在した中で一番高い値段で一泊€72

シングルの部屋が広い

d0180399_22242387.jpgd0180399_2225048.jpg
d0180399_2225299.jpg










シャワーのお湯がたっぷり好きなだけ使える

(ヨーロッパはお湯に問題があるホテルが多いんです)

温度調節のきくエアコンが完備されている

毎日お掃除とベッドメーキングしてくれる






ホテルの真ん中にとっても素敵なお庭があり

そこで毎日食べ放題の美味しい朝食がいただけます

d0180399_22315078.jpg


フレッシュフルーツも山のように置いてあります

もちろん、エスプレッソもあります

d0180399_22355321.jpgd0180399_22361748.jpgd0180399_22364211.jpg

ミネラルウオーターの自動販売機があり、€1で売っています

ガスあり、ガスなしと両方あります
















運河から少し距離があるので蚊も少ないし静かです

(窓さえ開けなければ蚊は入ってきません)

近くにレストランやピザ屋さん、パン屋さん、小さなグロスりーストアもあり

便利です

すぐ近くはグッチやシャネルなどのブランド街なので

好きなだけブランドが見れます^^/

受付の方は英語が話せて、調べ物をお願いすると

すぐにPCで調べてくれます

とってもフレンドリーです

ただ、改善してもらいたいなというところもあり

シャワーブースの水はけがもう少しよければと思いますが

ヨーロッパではしょうがないのかもしれません

あと冷蔵庫がついているのですが

きちんと閉まらずあまり冷えがよくありませんでした^^;

ティッシュペーパーは日本から持っていっていたので

困りませんでしたが、部屋にはありません

一緒に滞在していた友人の部屋の電気が夕方切れてしまいましたが

次の日まで変えてもらえず、小さなランプで乗り切りました

でもこの値段から考えれば、こんなに便利な場所にありながら

清潔で静かで大満足でした!!

元々、修道院だったそうですので

祭壇などの部屋もあり、安心できます

d0180399_22551160.jpg


とにかく広いので気分がゆったりします

Wi-Fiが完備されているので、部屋でも使えます

ですから、日本のyahoo も見れて便利です

受付の近くにPCも1台置いてあります

また、ホテル近くのS.Angelo 駅からアリラグーナの船でダイレクトに

飛行場に行くことができます


日本でホテルを調べていた時、ベネチアの場合

どんなにお金を出しても部屋が狭く、そんなにどこも代わり映えしないという

話を聞いていたので、ゆとりのある空間と清潔さにこだわり

このホテルにしました

ただ、ゴージャスさを求められますと違いますので

別のタイプのホテルを探された方がいいと思います

他のお客様はドイツ人、アメリカ人、フランス人(犬連れの方もいました)中国人など

いらっしゃいました


d0180399_1335390.jpg











ベネチアの中は道幅が1mくらいですので

歩いていると中世の時代にタイムスリップしたかのようです

一瞬、ここはディズニーランドかしらと勘違いにおちいってしまうほど

街が可愛いのです!

ベネチアを歩いてみて初めてわかったのは

道が運河と交差しながら複雑に曲がりくねっているので

地図を見て歩くのがとても難しいのです

このDomus Ciliota に行くのも苦労しました

広場に出たらこのデリカッセンの道を左に入ってください

ワイン屋さんの隣に小さなレストランがあり

そこの角を左に曲がって5mほどでホテルにつきます

d0180399_2252890.jpg


もしまたベネチアに行くことがありましたら

やはりこのホテルに泊まりたいと思いました^^

ぜひ参考になさってくださいね!

ホテルの紹介 ↓





続きは次回に





ブログランキングに参加しています

クリックしていただけますと励みになります




にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村
[PR]
by Nice554 | 2013-07-29 23:22 | ベネチア旅行

お料理と写真など


by ショコラ